スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

神田日勝に会ってきました。



神田日勝

一昨日、鹿追町にある「神田日勝記念美術館」に。

・・・・・

存在感丸出し?の建物は、特に内部の展示室の造りがすばらしい!
「絵画」を見る前に、どうしてもそうゆう所に目は行って・・・。

これも職業病の一種でしょうか。

・・・・・

神田日勝さんは、1937年生まれ。
32歳の若さで、生涯を閉じられたそうです。

「農民画家」として、多くの作品が残されていました。

・・・・・

代表作は「馬」。

馬

不自然な、前半身の馬の油彩です。
よく観ると、下半身には、鉛筆のデッサン跡が残っていて、
これが完成物でないことが分かります。

・・・・・

実は、自身の病気と闘いながらこの絵の途中、
亡くなられたそうです。

遺作。

・・・・・

ベニア板に描かれ、今にも動き出しそうな前半身。
農耕愛馬だったようです。

・・・・・

作者の「生い立ちや生き様」を知る事で、
「絵画」たちそれぞれのストーリーが生まれてきます。

・・・・・

この歳になって、「鑑賞」の仕方が
少しだけわかってきたようです。


.02 2010 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://compacthouse.blog32.fc2.com/tb.php/392-541e444b

プロフィール

compacthouse

Author:compacthouse
㈱アイ建築工房 代表取締役 太田 好啓
 
十勝・帯広の戸建住宅から土地活用まで。   「人生応援住宅」の㈱アイ建築工房です。

*先日、ある方から「ネコ社長」と言われてしまいました。

愛猫やまと時計

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。